人気風俗情報「仕事帰りに癒しとリフレッシュの風俗マッサージ」

当サイト「仕事帰りに癒しとリフレッシュの風俗マッサージ」へご訪問いただき誠にありがとうございます。
ここでは風俗マッサージやエステなどについての情報をお届けしています。

 

せっかく抜くのですから、自分の手を使わずにキュートな女の子の手によってフィニッシュを迎えてみませんか?
風俗マッサージの世界では今様々なサービスを展開しており、最高潮の興奮を味わうことが出来るのです。まだ風俗マッサージを利用したことの無い方というのは、どのようなサービスがあるのかわからないかと思います。
内容はとってもシンプルなもので一般的なマッサージとソフトな性的サービスの風俗となります。

 

違法で営業をしている風俗が後を絶ちませんが、決して利用をしないようにしてください。
もし何かしらのトラブルに巻き込まれた時に取り返しのつかないことになってしまう恐れがあります。




仕事帰りに癒しとリフレッシュの風俗マッサージブログ:2019-7-17
お父さんはがんで入院し、余命を宣告されていました。
しかし、死と闘う人には健康という言葉は無縁のものでしょうか? 

ミーはお父さんの闘病生活を見ていて、
健康って何だろうと考えさせられました。

お父さんの体は、病にむしばまれていましたが、
心は誰よりも健康でした。
大部屋での笑い声はいつも父の声。

そして空を見ては、
大好きな俳句をノートに書きとめていました。
ミーはお父さんの心の内をみようともせず、共に笑っていました。

しかし、そんなお父さんも個室へ移る日がやってきました。

怖かったに違いありません。
でもお父さんは「大声で笑えるな」といいました。

その視線の先にあったのは、
空が見えない窓、古い病室の壁のしみ…
暗く、静かな病室は、不安だけがあふれています。

ミーは申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
お父さんは最期の時間を、この中ですごさなくてはならないのかと…

お父さんは、そんなミーの気持ちを察したのでしょう。
「千羽鶴が華やかに見えるな」と、笑顔で言ってくれました。

お父さんは、
亡くなる24時間前まで笑顔でいることができました。

ある朝、目を覚ましたお父さんはミーに、
「きれいな部屋だ」とやさしくほほえみました。
「壁も、窓の外も、千羽鶴も、みんな黄色一色だ。幸せの色だな」と。

すぐに肝臓のせいだとわかりましたが、
お父さんはうれしそうに笑うのです。

それが、お父さんの最後の笑顔となりました。
壁のしみも窓の外の病棟もきれいだ…と、目を閉じたのです。

病に倒れても笑ってくれたお父さん。
ミーに心残りがないようにと最後に言ってくれた言葉…

ミーは丈夫なを体持っています。
でもあんなふうに笑えているだろうか? 
お父さんの残してくれた笑顔は、
周りの人みんなに健やかな心を与えてくれました。


このページの先頭へ戻る

仕事帰りに癒しとリフレッシュの風俗マッサージ モバイルはこちら